鏡餅ってね…

心と身体を ごきげんに♪

ボディケアサポーター のざきみきです(^^)

 

 

12月の10日に『おせちのお話し会』にて

おせちに纏わる色々をお話しさせていただきました(^^)

「行事好き」で、中でも正月に纏わることが好きなので

とっても楽しい時間を過ごさせていただきました♪

開催をしてくださったASOBUの皆様、

ご参加くださった皆様、ありがとうございました(^^)


 

さてさて「正月といえば?」と聞かれると

私は『おせち』に『鏡餅』が まず思い浮かぶんですよね~

皆さんは、何を思い浮かべるのかな~???




私がすぐに思い浮かべた『鏡餅』!

(『おせち』については、また書きたいなぁ~♪と思ってます)

『鏡餅』ってなんで飾るのか???って知ってますか?


『鏡餅』ってね、

年神様がお家に来てくれる時の依代なんですよ

 

 

『鏡餅』は一年間の幸せを願う“晴れの日”に神前に捧げ、

年神様に宿っていただき、

その餅をみんなで分け合って食べることで、

神様からの祝福を受け、神様の「いのち」をいただく・・・

という事から始まり、

江戸時代から食する様になった と言い伝えられているんです。

 

鏡餅の丸い形は「家庭円満」を表し、

重ねた姿には「1年をめでたく重ねる」という意味や、

「どっしりと腰を落とし、一家を支える力をいただけるように」

という意味が込められているとも言われています。


鏡餅の飾りも色々な願いが込められているんですよ♪

地域やご家庭によって、飾るモノが違うこともあるのが面白い!

今回は代表的なものをお伝えしますね

 

 

橙(だいだい)・・・木から落ちずに大きく実が育つことにあやかって、

代々家が大きく栄えるように!

先祖からの教えや家訓が末永く代々引き継がれ、ますます一家が栄えるように!

裏白・・・常に「腹」は白く、よこしまな心が出ないように!

ゆずり葉・・・次の新芽が出ないと枯れて落ちない事から、若い芽が出るように!

昆布・・・喜び事がたくさんありますように!

串柿(形;-〇〇-〇〇〇〇〇〇-〇〇-)・・・夫婦仲むつまじく!

御幣(ごへい)・四手(しで)・・・四方に大きく手を広げ、繁盛するように!

紅白の水引き・・・1年の幸せを祈り、めでたい新年を祝う!

赤い色には魔除けの意味もあります。


などなど・・・・・

 

 

願いを込めて飾った鏡餅は『鏡開き』の日にお下げし、

多くの人々に「運が開くように!」との願いを込めて割り分け与えます。

 

神様へのお供え物ですので、「切る」行為は礼を欠き縁起が悪いとされ、

包丁で切らず、木槌などで砕き割ります。

 

日本の歴史とともに大切にされてきた鏡餅、

1年の無事を感謝する気持ちと来る年の願い・祈りを込めて

新しい1年を迎えるために、ぜひ飾ってくださいね~(^^)♪



RAKU_A    ~楽ぁ~

毎日を笑顔で、少しでも楽に、自分を労って過ごせるように… 整體、フレクションセラピー、なごみ~和~ヒーリング で あなたの身体とエネルギー(氣)の“メンテナンス”をお手伝い♪

0コメント

  • 1000 / 1000